« 「続・彫刻刀で楽しむ仏像」関侊雲他<11> | トップページ | 「死にゆく人と共にあること」 マインドフルネスによる終末期ケア J・ハリファックス<1> »

2017/01/14

「シリコンバレーで起きている本当のこと」宮地ゆう

71yzpyfgzrl
ルポ「シリコンバレーで起きている本当のこと」

朝日新聞参フランシスコ支局長 宮地ゆう 2016/08 朝日新聞出版 単行本: 208ページ
No.3860★★★★☆

1)タイトルだけ見て図書館から借りてきた一冊。なんとなく面白そうだなぁ、と途中まで読みかけたが・・・・・。

2)はて、待てよ、と我に返った。たしかにシリコンバレーは面白そうだ。気になることは木になる。しかしながら、現在は、瞑想とかマインドフルネスへとターゲットが切り替わりつつある。なにをいまさら、シリコンバレーなどにうつつを抜かす必要があるだろうか。

3)一旦ページを閉じて、手を放してしまったあと、また再び待てよ、意識がシュンとなった。アップル、グーグル、ヤフー、フェイスブック、アマゾン、などなど、現代世界の「トップ企業」の名前が列挙してある。シリコンバレー・・・?

4)そうそう、この世界の人々が現在「マインドフルネス」ブームを持ち上げているのであった。いや、彼らが「やっている」からこそ、世界はこのシリコンバレーと関連づけてマインドフルネスを考え始めているのだし、また、当ブログも自らの新しいテーマとして取り上げようとしているのではないか。

5)書いているのは朝日新聞参フランシスコ支局長、すでに朝日新聞に連載されたルポート記事に大幅に手を加えて編集されなおされている一冊である。

6)サンフランシスコやシリコンバレーを車で走ってみて驚くのが、ガタガタの道路だ。道路標識が半分落ちかけたままの場所もある。

 地元に世界1、2位の時価総額の企業がありながら、自治体は財政難にあえぎ、インフラ整備にも十分なお金が回らない。IT企業の税金逃れに原因を求める声も上がる。p4「はじめに」

7)報道を通じて私が知っているシリコンバレーの姿も、ひとつの断面ではありそうだ。しかし、その地を訪れたことのない身には、わからないことがいっぱいありそうだ。経済格差、労働風土、精神性、地元民のホームレス化。

8)ルポを書いているのは、新聞記者である。しかも日本社会では今や旧態依然化してしまっていると思われる朝日新聞の記者だ。若者やネットワーカー、企業家など、視点がまったく違えば、書かれなかった風景もたくさんある。

9)現在の当ブログの視点は、おそらく、新聞記者にもネットワーカーにもどちらにも偏ってはいないだろう。どちらも必要だと思うし、関心がある。されど、そのどちらもメインの視点ではない。社会観察しようとしているわけでもなければ、今から起業しようとしているわけでもない。

10)シリコンバレーの主な地域とサンフランシスコ市を合わせると、ホームレスの人口はニューヨークとロサンゼルスに次いで全米で3位の多さになる。

 普通に仕事をしていた人たちがあっという間に家を失う。シリコンバレーでは、誰もがそんな危険と隣り合わせている。p70「富を生み出す街の知られざる顔」

11)ノマド生活や、キャンピングカーのライフスタイルなど、断片的な画像を一・二枚見せられる段階では、あら~~こんな暮らしぶりもいいなぁ、などと、郊外の緑一杯のフィールドなどとともに眺めていることもある。しかし、じっくり考えてみると、自分にはできない生活なのだ。ある意味、必要に迫られている彼らのノマド生活も、新聞記者から見れば、それは「ホームレス」と切り捨てられる。

12)技術の集積と巨大な富は、人の生活に何をもたらすのか。

 今後シリコンバレーはどのような変化を遂げるのか。

 この場所は、日本の社会の今後のあり方を考えるうえでも、貴重な視点を与えてくれている。p205「おわりに」

13)いたずらな舶来信仰は恥ずべきであり、とりとめのない社会議評もいつまでも続けるべきではないだろう。この本で確認しておくべきは、マインドフルネスをしているからエリート企業が成り立っているのではなく、マインドフルネスに打ち上げられてしまうほどに、エリート企業に働く人々の生活は、実はとても不安定なものである、ということについてだ。

14)こういう背景の中で、現代社会のマインドフルネスを考察していく必要がある。

|

« 「続・彫刻刀で楽しむ仏像」関侊雲他<11> | トップページ | 「死にゆく人と共にあること」 マインドフルネスによる終末期ケア J・ハリファックス<1> »

08)Mindfulness in the Modern World」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シリコンバレーで起きている本当のこと」宮地ゆう:

« 「続・彫刻刀で楽しむ仏像」関侊雲他<11> | トップページ | 「死にゆく人と共にあること」 マインドフルネスによる終末期ケア J・ハリファックス<1> »