« 「死にゆく人と共にあること」 マインドフルネスによる終末期ケア J・ハリファックス<2>  さとりサマーディにて<15> | トップページ | 「イSム」 <4> 薬師如来と十二神将 »

2017/02/28

「Cherokee」 Clifford Brown


STUDY IN BROWN Clifford Brown
クリフォード・ブラウン & マックス・ローチ   & 1 その他1999/01  ディスク枚数: 1 フォーマット: CD, Import レーベル
No.3902★★★★★

 

クリフォード・ブラウン (Clifford Brown、1930年10月30日 - 1956年6月26日)は、アメリカ合衆国のジャズミュージシャン(トランペット奏者)。ハード・バップ期初期の卓越したプレイヤーであり、ドラマーのマックス・ローチとのバンド活動は高く評価され、「ブラウニー」の愛称で親しまれている。その艶やかな音色からファッツ・ナバロの再来とも呼ばれた。 

1956年6月26日、リッチー・パウエル(バド・パウエルの弟)の妻、ナンシーの運転する車にリッチーと共に便乗してフィラデルフィアからシカゴに向かう途中、ペンシルベニア・ターンパイクで交通事故死。25歳。事故当夜は雨が降っており、ナンシーを含めて3人全員がこの事故で亡くなった。 Wikipediaより

Photo

|

« 「死にゆく人と共にあること」 マインドフルネスによる終末期ケア J・ハリファックス<2>  さとりサマーディにて<15> | トップページ | 「イSム」 <4> 薬師如来と十二神将 »

07)現代世界におけるマインドフルネス2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Cherokee」 Clifford Brown:

« 「死にゆく人と共にあること」 マインドフルネスによる終末期ケア J・ハリファックス<2>  さとりサマーディにて<15> | トップページ | 「イSム」 <4> 薬師如来と十二神将 »