« 「ビート・ジェネレーション」 ジャック・ケルアックと旅するニューヨーク /「ホワイトアルバム」 転生魂多火手伝 <8> | トップページ | 「オン・ザ・ロード1972」<1> »

2017/03/20

「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」<66>/「さとりサマーディにて」<23>

<65>からつづく

「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」 

<66>プラレール  目次
------------------------
<22>からつづく

「さとりサマーディにて」

<23>              目次 
-------------------------

1)この連休、わが家にとっては人生の中でも大きなイベントがあった。孫たちが近くに求めた新しい家に引っ越していったのである。忙しい人たちであるし、近くでもあるので、引っ越しは断続的に続くことになり、少し時間はかかるだろう。

2)孫たちがいなくなって、ちょっと寂しい思いもするが、それこそスープの冷めない距離なので、それほど孤独感を味わうこともないだろうな。

3)これまでは、あちこちに置いてあったオモチャ類も、すこし減るに違いない。

4)小学校に入る前、それまで5年間も療養所に入っていた父親から、いい子にしていたら何か買ってやるぞ、と言われ、「乾電池で動く電車が欲しい」と返事したことを今でも覚えている。

5)その父親が、我が子との約束も果たさないで病死してから、もう55年になる。追善法要も50年忌までは家族で行っていたが、もうそれ以降は、できるだけ意識しないようになっている。

6)その父も、今年は生誕100年目にあたるという。姉弟が教えてくれた。

7)短命だった父の分まで頑張ろうとしているのか、おかげ様で母はすでに95歳で、最近ちょっと心配なこともあったが、元気を取り戻した。めでたし、めでたし。

8)暑さ寒さも彼岸まで。日差しも温かくなってきた。屋根の上の太陽光発電も、かなり順調に進んでいる。

「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」<67>につづく

「さとりサマーディにて」<24>につづく

|

« 「ビート・ジェネレーション」 ジャック・ケルアックと旅するニューヨーク /「ホワイトアルバム」 転生魂多火手伝 <8> | トップページ | 「オン・ザ・ロード1972」<1> »

01)現代世界におけるマインドフルネス2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/69985969

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」<66>/「さとりサマーディにて」<23>:

« 「ビート・ジェネレーション」 ジャック・ケルアックと旅するニューヨーク /「ホワイトアルバム」 転生魂多火手伝 <8> | トップページ | 「オン・ザ・ロード1972」<1> »