« 「オリンパスOM-1」1970年代国宝級カメラCM | トップページ | 「月と蛇と縄文人」シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観 大島 直行<4> »

2017/03/19

「Kerouac」 ケルアックに何が起こったのか? リチャード・ラーナー監督:/「ホワイトアルバム」 転生魂多火手伝 <6>

51r1be906kl「Kerouac」ケルアックに何が起こったのか?
 出演: ジャック・ケルアック、アレン・ギンズバーグ、ゲイリー・スナイダー、ウィリアム・バロウズ、チャーリー・パーカー、スティーブ・アレン 他 発売日 2005/10/21 販売元: ナウオンメディア(株) 形式: DVD 時間 97 分
No.3913★★★★★

------------------

<5>からつづく

「ホワイトアルバム」 転生魂多火手伝

<6>ケルアック         目次 

------------------

1)情報満載。なんども見たいDVD。だけど、午前中にみて、また午後に見たい、というDVDではないだろう。もちろん、明日とか明後日とか、そう続けてみるものでもない。見るとしたら、5年後とか、10年後とか、そのくらいのサイクルがちょうどよさそうだ。

2)出演者の誰か(グレゴリー・コーソ)が言っていた。才能と、天才と、神聖、がある。才能のある人間はたくさんいる。だが、その才能を生かす方法を知らない。才能を開花することができれば、それは天才だ。しかし、それ以上のことがある。天才は神聖さを帯びることができる。だが、それはまれだ。ケルアックは天才であることは間違いない。しかし、神聖さまでいったかどうか・・・? そんな内容であっただろう。(見直す機会があれば、正確にメモし直すことにする)。

3)クリフォード・ブラウンだけでは、あの時代性、そしてDのスピリチュアリティに迫ることはできない。そこにケルアックを筆頭とする、ビートやビートニクの精神性で補完する必要がある。

4)このDVDに出てくるスナイダーが、素敵かどうかはともかく、スナイダーの背負ったものも、極めて重要だ。

5)「路上」は、実は、数年前に読みかけて、かなり読み進めたが、ここにメモしないままにフェードアウトさせておいた。今回のこのための伏線だったのだろう。

6)しかしいきなりケルアックに入っていくのもかなりシンドイ。かなりのエネルギーが必要だ。しかも、それは最終コーナーではないのだ。そこは、単なる入り口なのだ。

7)このDVDにでてくるジャズ音楽も素敵だ。一曲もタイトルはわからないが、そのうちSiriに聞いて、曲名を確認しておこう。チャーリー・パーカーは動画とともに登場していた。

8)いきなり文字に入っていけない時は、このような動画が有効だ。なにはともあれ世界観が広がる。

9)まずは、ここからだな。

「ホワイト・アルバム」<7>につづく

|

« 「オリンパスOM-1」1970年代国宝級カメラCM | トップページ | 「月と蛇と縄文人」シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観 大島 直行<4> »

03)現代世界におけるマインドフルネス2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/69974052

この記事へのトラックバック一覧です: 「Kerouac」 ケルアックに何が起こったのか? リチャード・ラーナー監督:/「ホワイトアルバム」 転生魂多火手伝 <6>:

« 「オリンパスOM-1」1970年代国宝級カメラCM | トップページ | 「月と蛇と縄文人」シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観 大島 直行<4> »