« 「マイトレーヤ」 The buddha lord maitreya<12> | トップページ | SPRING AND ASHURA「The Back Country 奥の国」 Gary Snyder <4> »

2017/05/08

「華氏451」フランソワ・トリュフォー監督: <2>

<1>よりつづく

817rrczhwl__sl1500_
「華氏451」 <2>
原作 レイ・ブラットベリ 監督: フランソワ・トリュフォー出演: オスカー・ウェルナー, ジュリー・クリスティ, シリル・キューザック, アントン・ディフリング  1966年アメリカ作品 DVD 時間: 112 分 販売元: ジェネオン・ユニバーサル

1)最近、何と指定せずに、図書館の視聴覚コーナーからいきなり借りてきて映像を見るときがある。市全体としてはかなりの量がそろっているのだが、単独の図書館としてはそれほど所蔵DVD類は多くない。もっと何かをみたいのだが、とにかくSFっぽい奴を選んできて見ることになる。

2)これもなんだか、SFだかなんだか確定しないまま、とにかく見ることに。見始めてから、奥さんが、また見るの? とおっしゃる。え? 初めてみるんだよ、と言ってはみたが、あれみたかなあ、とあやふやな記憶。

3)一通り見終わったあとに、ブログを書こうと自分のブログをググって、すでに見終わって、ブログもすでに8年前に書いていたことが判明した。見ていて書こうとしたこともほとんど同じような内容だった。ほんとにまぁ・・・・

4)SFもそろそろ系統立てて、興味深いところから見始めるべきだな。シンギュラリティへ向けてのSF談義だ。

5)追伸。ついでだから、前回もメモしておかなかったことについて一言書いておく。実は小説版は、それこそこの映画がでた中学一年生の頃、ニュートン(石川裕人)から借りて読んだのだった。ところが、自分では全然内容を覚えていない。借りたけど読んではいない、という認識だったのだが、今回のこちらの映画版のこともあるし、認識をあらためた。読んだけど、覚えていない、が正解のようだ。

6)つまり、私はかなりニュートンから借りてSFのみならず、たくさんの本を読んだのだ。しかし、どうも記憶に残っていない作品が多いようだ。ひとつには、ニュートンの好みと、私の好みがそれほどしっくりは来てはいなかったのだ。一体ニュートンは何を読んでるの、という野次馬根性が先に立っていたのかもしれない。

7)ちなみ、村上春樹の「1Q84」が流行っていた頃、ちょっとだけ彼に聞いたことがあった。村上春樹は好きか、と。彼は「同じ村上なら村上龍のほうが好きだ」と答えた。私も同感のような気がしたが、村上春樹はほとんど読破したが、村上龍は、私の場合「群像」で新人賞を取った当時の「限りなく透明に近いブルー」を読んだだけで、終わってしまっている。

8)まぁ、いろろ椿事もあるものだ。

|

« 「マイトレーヤ」 The buddha lord maitreya<12> | トップページ | SPRING AND ASHURA「The Back Country 奥の国」 Gary Snyder <4> »

03)現代世界におけるマインドフルネス3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/70505458

この記事へのトラックバック一覧です: 「華氏451」フランソワ・トリュフォー監督: <2>:

« 「マイトレーヤ」 The buddha lord maitreya<12> | トップページ | SPRING AND ASHURA「The Back Country 奥の国」 Gary Snyder <4> »