« 「パッセンジャーズ」監督: ロドリゴ・ガルシア | トップページ | 「WIRED(ワイアード)VOL.28」 特集「Making Things ものづくりの未来」 »

2017/06/07

ロボットの歴史を作った「ロボット100」アナ・マトロニック他

71adhlsxol

「ロボットの歴史を作ったロボット100」
アナ・マトロニック (著),  ナショナル ジオグラフィック (編集),    片山 美佳子 (翻訳)  2017/01 日経ナショナルジオグラフィック社 単行本: 224ページ
No.4012★★★★★ 

1)鉄腕アトムが中心だから、日本の本だと思うが、もともとはアメリカの本。タイトルもRobot Takeover: 100 Iconic Robots of Myth, Popular Culture & Real Lif 。当然、表紙も違う。

61svizvijul

2)このところ、書店に行ってもこの手の本や模型が目立つ。パソコン、スマホ、と来て、次はロボットでしょう、という試行錯誤が各方面で続いているようだ。人工知能では、なかなか個人では作れないが、ロボットなら、身近で、なんだか親しみやすい、ということだろう。

3)かくいう当ブログでも、空飛ぶ円盤に続いて、次なる廃物アートはロボットに挑戦しよういかな、と考えている。

Img_06683
4)阿修羅像や弥勒菩薩座像の制作もまだ途上だが、結局は、ロボットにつながるイメージを模索していると言える。

Img_0248

Img_9896

5)ここからロボットというと、どうもC-3POを連想する。

Img_7499

6)ロボットというか、宇宙服という意味では、遮光器土偶も関連してくるかもしれない。あるいは、当然、人体そのものにも。

Img_9417

7)いずれにせよ、わが廃物アートは、廃物あってのスタートだから、どんな廃物が今後集まってくるかによて、最終形は大きく変わってくるだろう。現在のところ骨格となるのは、廃棄寸前の古いベビーカート二つである。

Img_0347

8)この本、なかなか興味深い。「2001年宇宙の旅」のHAL2000を最高峰としているのは当然としても、「インターステラー」の評価も高い。この映画は見直さないといけないかも。ソニーのロボット犬アイボや、トヨタの二足歩行ロボット・アシモ、お掃除ロボット・ルンバにも言及しているが、この本、日本向けに編集され直されている可能性があるので、世界標準とはいいがたい。

Ts02

9)集まってくる材料によっても、火星探索車(マース・ローバー)になたりするかもしれない。だが、もっとポピュラーなほうがいいと思う。一目見て、ああ、あれね、と言ってもらえるような普遍性があると、よりリアリティがでてくるだろう。

10)どっちみち、ロボットとは言え、わが廃物アート、中身はゼロだから、動かないし、AIなんかからは程遠いからなぁ。

つづく

|

« 「パッセンジャーズ」監督: ロドリゴ・ガルシア | トップページ | 「WIRED(ワイアード)VOL.28」 特集「Making Things ものづくりの未来」 »

02)現代世界におけるマインドフルネス4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/70787913

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットの歴史を作った「ロボット100」アナ・マトロニック他:

« 「パッセンジャーズ」監督: ロドリゴ・ガルシア | トップページ | 「WIRED(ワイアード)VOL.28」 特集「Making Things ものづくりの未来」 »