« ロボットの歴史を作った「ロボット100」アナ・マトロニック他 | トップページ | 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 <7> »

2017/06/08

「WIRED(ワイアード)VOL.28」 特集「Making Things ものづくりの未来」

91tnrrcjhal
WIRED(ワイアード)VOL.28」 特集「Making Things ものづくりの未来」
Condé Nast Japan (コンデナスト・ジャパン)   (著),2017/06    WIRED編集部 (編集) 雑誌 WIRED関連リスト
No.4013★★★★★

1)ようやく来た。隔月刊になったから定期予約したのに、また季刊に戻って、なおのこと、その変更のために、今回は間4か月あくことになってしまった。通常なら、この間に二冊なければならないのだよね~。

2)されど、やはり待っていただけのことはあって、インパクトは強い。ものづくり、とやらではあるが、その志向性は、他で言われている言葉遣いとはちょっとちがう。表紙もなんだか、いつか見たことあるような、ないような。

Img_0705
3)以前では、Vol.14の特集「死の未来」でも登場してくれた、わが廃物アートの頭骨。

Img_7500_3
4)WIREDで言われているところの、ものづくり、は、当ブログでいうところの廃物アートとどこかでつながっている。「捨てない経済」北欧発「リペア・エコノミクス」への挑戦。Repair、Reuse、Reinovention。当たり前のことであるのだが、WIREDで取り上げられると、新たな意味を持つ。

5)この雑誌はいろいろ書いてあるが、まずは豊富に収容されている画像をパラパラとめくる。一枚一枚の写真から、多くを啓発されることがしばしばある。どちらかといえば欧米、西欧の写真が多いのだが、それが日本的風景にさらされ、日常的に慣例的に埋没していく自分の感性を、ふたたび刺激する。

6)文章はまず、巻頭にあるエディターズ・レターを読む。創刊直後を除いて、編集長は若林恵が担当している。この一文が好き。この雑誌のこの号を決定づける。けっして外国かぶれしていない。ある意味、西欧的イノベーションを背景にしながら、ゴリゴリの日本的心情を吐露する。もちろん、日本的WIRED風感性、ということだが。

7)今回は、夏目漱石の「夢十夜」に触れている。当ブログでも先日触れたところではあるが、じつにこの「ものづくり」の神髄に触れている。当ブログの廃物アートも、特段に最初から目的物があるわけではない。木なり、金属片なり、発泡スチロールなり、まずはある。それらが、何事かを主張している。捨てないでくれ。私を外に出してくれ。

Img_06683
8)別段に、かの世に傑出した仏師になぞらえるわけではないが、私にも、ものたちの声が聞こえる。

090

9)ものを見た時、最終形にたどり着くかどうかはわからない。それは定かではない。されど、なにかが動き出す。

18222245_1585691528109622_856607624
10)最近の、もの、はこれ。もう使わなくなったから捨ててね、と頼まれた孫たちのベビーカート。

Img_0347
11)私は無謀にもここから、ロボットを作ろうとしている。ロボットの声が聞こえる。外に出してくれ、と。ここから火星探知機くらいは連想してしまうのだが、どうもそれでは満足しようがない。

Ts02

12)はてさて、どのような顛末になってしまうのか~~。乞うご期待。

13)ということで、毎号、私はこのWIRED誌の刺激には感謝している。

|

« ロボットの歴史を作った「ロボット100」アナ・マトロニック他 | トップページ | 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 <7> »

03)現代世界におけるマインドフルネス4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/70796744

この記事へのトラックバック一覧です: 「WIRED(ワイアード)VOL.28」 特集「Making Things ものづくりの未来」:

« ロボットの歴史を作った「ロボット100」アナ・マトロニック他 | トップページ | 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 <7> »