« 「コンフォルト」 2018年2月号 特集:祈りの場所をつくる<2> | トップページ | 「ゲド戦記」 アニメ版 DVD <2>宮崎吾朗監督 »

2018/01/11

「若者がうらやましがる老人になってやろう」帯津 良一

5193n6ghkpl
「若者がうらやましがる老人になってやろう」
帯津 良一 (著) 2017/12 出版社: 海竜社 新書: 240ページ
No.4105★☆☆

1)オビツ病院とか、オビツ先生とか、知る人ぞ知る名医の誉れある方と存じてはいたが、今回初めてその方に触れる。まずは貝原益軒の著書から始まる流れだが、最初の最初っから、深みがありながらも、すっかりくつろいだ一冊だ。

2)この本のタイトルはおそらく編集者がマーケットを考えてつけてくれたものであろうが、本の骨子としては、そのテーマは間違ってはいない。その通りだ。だが、私は、若者がうらやましがる老人になってやろう、という言葉自体は好きではない。

3)自らを「老人」と規定し、そこに「若者」を対峙させる。あまりに露骨すぎるなぁ。当ブログのアクセス数の稼ぎ頭「ぼけたらあかん長生きしなはれ」天牛将富の唄には賛同する。

勝ったらあかん負けなはれ
いづれお世話になる身なら
若いもんには花持たせ
一歩さがってゆずりなさい

というセリフの逆説的な痛快な感性のほうが好きかも。

4)老人になったら、大事なものは、生活費、健康、いきがい、だという。納得。生涯を通じて、私の生活費は、もうこれで十分という時代はちっともなかったが、人生なにごと60点主義、ちょっと足らないくらいがちょうどいい。女房殿には不評だが、まずは、まずまずの生活費を得れることに努力しよう。

5)健康も、若い時代に余命半年を宣告されながら、なんと還暦まで生き延びたこの体。生きてるだけで丸儲けの根性で、生き抜こう。無病息災ならぬ、一病息災でいいではないか。健康一本やりの居士たちが、意外と短命だったりする。ぬるぬると、なんとか元気だけは維持していこうじゃないか。

6)いきがい。これがもっとも大事だな。これもまた、実はけっこうそのヒントをつかんでいる気がする。ライフワークと言えるほどではないにせよ、そのことに自分の人生がすべて詰まっているような、そんな何かがつかめるといいな。

7)この本、書き手が医学博士とやらだから、かなりあらたまって読み始めた一冊だが、ちっとも肩の凝るところはなかった。かなりの自然体だ。酒や性についても、かなりおおらかな自説をお持ちの方だ。学ぶこと多し。

|

« 「コンフォルト」 2018年2月号 特集:祈りの場所をつくる<2> | トップページ | 「ゲド戦記」 アニメ版 DVD <2>宮崎吾朗監督 »

03)Mindfulness in the Modern World vol.6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「若者がうらやましがる老人になってやろう」帯津 良一:

« 「コンフォルト」 2018年2月号 特集:祈りの場所をつくる<2> | トップページ | 「ゲド戦記」 アニメ版 DVD <2>宮崎吾朗監督 »